スマートフォンの方はこちらへ
 トップページへ
 トップページ > 医療機器 サイトマップ
   
 医療機器
自動血球計算装置
  IDEXX ProCyte Dx

現時点で最新、正確かつ高精度の動物
専用自動血球計算装置です。
赤血球・白血球・血小板などの非常に
多くの情報が得られるスグレ物です。
VetLyte 血液電解質検査器
  IDEXX VetLyte

血液中のナトリウムやカリウム等を測定する
機械です。
VetLab Station/VetTest/SNAP Reader 検査情報管理システム
  IDEXX VetLab Station

過去の検査結果などの患者データを管理します。

血液化学検査器/内分泌検査器
  IDEXX VetTest /SNAP Reader

主に内臓の状態を血液から調べるための
機械です。また、以前は検査センター
でしか測定することのできなかった、
甲状腺や副腎のホルモンを測定する
こともできます。
Laser CRP-2 C-反応性蛋白濃度測定装置
  Laser CRP-2
  Arrows


簡単に言うと、血液から炎症の程度などを
測定する機械です。
これもまた個人的にはかなり重要な機械だと
思います。
Nemio XG 超音波診断装置 Nemio XG
  東芝メディカルシステムズ


腹部の臓器や心臓を調べるのに使用します。
特に、心臓の血流の状態を調べるときに
威力を発揮します。
痛みもなく、無麻酔で体の中をある程度
知ることができるので、かなり便利です。
自分にとって、必要不可欠な機械です。
VPX-40A 小動物専用X線診断装置
  VPX-40A
  東芝医療用品

レントゲンです。
エコーと同じく体の中を調べるものですが、
各々調べる場所によって得意分野が異なる
ので、どちらも重要な機械です。
ソフトランダー 動物用閉鎖循環式麻酔器
  ソフトランダー

  新鋭工業

ガス麻酔器です。
コンパクトですが、人工呼吸もできます。

AM-120 バイオスコープ AM120
  フクダ エム・イー工業

主に麻酔時に使用する生体情報モニター
です。心電図のほか、血圧、脈拍、体温、
血液中の酸素飽和度、呼気・吸気中の
二酸化炭素濃度や麻酔ガス濃度を
モニターできます。
手術をなるべく安全に行うための機械です。
高周波焼灼電源装置
  ESG-400
  OLYMPUS


かつては電気メスと呼ばれていたものです。
切開や止血に使用します。
詳しくはこちら
TOP-5300 シリンジポンプ TOP-5300
  トップ


人間の手では不可能な速度で
微量点滴をしてくれる機械です。
使用する薬によっては、かなりゆっくり
注射することがあります。

TOP-220V 動物用輸液ポンプ TOP-220V
  トップ


この機械も決まった量を決まった速度で
点滴するための機械です。人間は点滴中
おとなしくできますが、動物は動いたり、
腕を曲げたりすると点滴がうまく入らない
ことがあるため、
点滴をするときは必需品
です。
CX-41 生物顕微鏡 CX-41
  OLYMPUS


顕微鏡です。便や尿、皮膚の検査などに
幅広く使用します。
まだ新しいので白くて綺麗です。
聴診器 ALLEN USA Gemini Light Weight
  ALLEN USA SERIES 5
  Littmann Cardiology U S.E.

大好きな聴診器たちです。
こちらもかなり重要な診察用具だと
思います。
ステレオフォネットSX178
  KENZMEDICO

大好きな聴診器たちにも
新たな仲間が加わりました。
初めてこの聴診器で聞いた時、
今までとの大きな違いが
私のような未熟者にもはっきりと
わかりました!皆様も興味のある方は
是非お試しになるといいと思います!

滅菌器 高圧蒸気滅菌器 TE-261 ER
  東邦製作所


手術に使用する器具等を滅菌する機械
です。
尿比重計   尿比重計 PAL-犬猫尿比重
  ATAGO



以前より尿比重計は人用の物が流用されて
いましたが、犬猫の尿比重は人用の物では
正確に測定できないので、専用の尿比重計が
必要とされるようになってきました。
デジタルX線画像読取装置
  FCR PRIMA TV
  FUJIFILM

ついに、当院でもようやくレントゲンが
デジタル化!!
今までよりも鮮明な画像が得られ、
またコンピューター上での画像処理が
可能になりました!
また、現像液等の水も不要になりました!
いつでも高画質なレントゲンを患者様に!
  FCR画像処理ユニット
  V Station T
  FUJIFILM


画像読取装置から送られてくるレントゲン写真
を閲覧するコンピューターです。

じつはFCRもこの機械も一年以上前に導入
したのですが、院長が更新をさぼったため、
ご紹介するのが遅くなってしまいました!

トップページお知らせ自己紹介診療案内病院案内|医療機器|料金周辺地図

Copyright (c) 2009 Shiose Dogs and Cats Clinic. All Rights Reserved.